ワセリンで乾燥肌を防ごう|安全に使える天然成分

肌の保湿力を高める

ウーマン

肌に浸透しないワセリンはその分保湿力が高く、乾燥肌の人にとっては強い味方になってくれます。寒暖差の激しい季節の変わり目などに使うと、健康的に肌が保護できるでしょう。

詳細へ

乾燥肌を改善する保湿剤

ウーマン

ワセリンを使うときは使用する量や塗る場所に気をつけるべきです。水分が蒸発しないように保護する働きがあるので、睡眠前に塗っておくと冬場でも潤いの肌が保たれるでしょう。

詳細へ

スキンケアの仕上げに最適

手にクリームを塗る

肌を保湿するために毎日欠かさずスキンケアをしている女性は多いはずです。化粧水や乳液を上手に使ってケアをすれば、健康的で若々しい肌が保てるので年齢問わず誰でも行なっています。しかし、乾燥肌の場合は日頃のスキンケアだけでは肌の保湿が十分に出来ません。乾燥肌の人が肌の潤いを保つためにはワセリンの使用が効果的です。ワセリンはよく赤ちゃんの体を保護するために使われますが、大人の女性が使っても特に不自然ではありません。そもそも、ワセリンは石油に含まれる炭化水素を高純度に精製して作られているので、スキンケア用品に比べて高い保湿力があります。それだけではなく、ホコリや外部から与えられる強い刺激からも肌をしっかりと守ってくれるのです。通常、スキンケア用品は肌の角質層まで浸透しながらターンオーバーなどを手助けしてくれますが、ワセリンは肌の内部まで浸透しません。角質層まで浸透しないために、乾燥肌の人でも安心して使用できる上に自然に備わっている治癒力を向上させる働きもあります。しかし、石油から精製されていると聞くと、体に悪い印象を持つ人もいるでしょう。実はワセリンの元となっている石油は本来植物や動物が長い年月を経て蓄積された物質なので、人間の肌に直接塗りこんでも悪影響はありません。乾燥肌の改善に効果のあるワセリンの効果を最大限引き出したいなら、日常のスキンケアの仕上げとして使用すると良いでしょう。最後に使用することでスキンケア成分の蒸発を防ぎ、肌の乾燥を未然に予防することができます。

保湿剤の違いを知ろう

クリーム

ワセリンを使用する前に自分の肌質を確認することは重要です。また、商品によって不純物の配合量が変わってくるので、これから使用する人はそれぞれの違いを把握しましょう。

詳細へ